バックパネル簡易修理

今年最初のブログです!

今回はトラックのバックパネルの簡易修理をアップしたいと思います。

 

こちらの赤丸部分です↓

ぶつけた衝撃でバックパネルを止めているリベットが取れてしまっていました

本来はリベットで止まっているのですが、同じようにリベットで止めるには穴を空けなければならず、作業時間がかかってしまうので今回は溶接で簡易修理になります。

溶接したところで曲がっていた部分をスライディングハンマーで直します。右側の写真がスライディングハンマーです↑

先端のj型の部分を引きたい部分に当て、赤いグリップの部分を片方の手で持ち、その前のウェイトを先端からグリップの方へ勢いよく引くと負荷がかかり強く引くことができます。

一般の方にはなかなかお目にかかれない道具です!

今後も鈑金で使う機材等を紹介していきたいと思います

作業時間は約60分でした。またの閲覧をよろしくお願いします!